INFORMATION

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. ウッドショック⁈

宗像からの帰り道
KBCラジオさんで紹介されていた
美味しい麻婆豆腐にありつけた
糸島在住の本田です
東区のとだやさん、おススメですよ~

ウッドショックにかかわる記事の紹介です
原料を欧州などから輸入し、住宅の梁(はり)や
柱に使う集成材の上昇ピッチが鈍っているようです
指標となる集成平角(4メートル×10.5センチ×30センチ)は
東京地区の流通価格が現在1立方メートル13万5千円(中心値)
春以降は毎月、前月比で約2割上昇
4カ月連続で最高値を更新していましたが
9月の上昇幅は前月比5千円(4%)に留まったようです

集成材と競合する北米産の米松製材品も
梁材の指標となる米松KD(乾燥)平角(4メートル×10.5センチ×30センチ)が
現在1立方メートル9万5千円と前月比4500円(5%)高くなりましたが
前月までは2桁増だった
そしてグリン(未乾燥)材は同7万5千円と横ばいらしいです

理由は、輸入量の回復!
集成材はエジプト・スエズ運河での座礁事故の影響に伴う
コンテナ船の混乱が一時的に解消し、一定量が入荷できた
7月の集成材の輸入量は前月比1%増の8万8千立方メートルと
5カ月連続で前月を上回りました

北米産は米国価格が5月の歴史的高値から急落する一方で
日本向け価格は年初比で2倍強の高値にあるために供給意欲が増したようですよ
米国とカナダからの製材品の輸入量も7月は13万7千立方メートルと同4%増え

都内の木材問屋は「少し前までの『どこにも木材がない』という状況は
解消され、需給のバランスが正常な水準に戻りつつある」と語っています

これを受けスギやヒノキなど国産材は値上がりが止まった
7月に23年半ぶりの高値を付けたヒノキのグリン正角(3メートル×10.5センチ角)は
首都圏の問屋卸価格が9月に1立方メートル9万円と2カ月連続で同値です

KD正角(同)も現在1立方メートル15万円と前月比横ばいで
4月以降続いた上昇が止まっています
国産材は輸入材の不足で代替需要が生まれ、価格が急騰してきたが
輸入量の回復で製材品全体の逼迫感が解消しています

KD材はグリン材に比べて乾燥に時間がかかり需要も多いため
値上がりも急だったが、「ないもの高」による急騰に歯止めがかかりました!
関東で国産材を扱う市場の担当者は「7月下旬からセリの勢いも落ち着き始めた」と

例年夏場は建築不需要期で、原木の丸太価格は下落する傾向がある
今年は需要の強さから高値を維持していたが
8月には生産量の多い九州でスギ丸太の価格が一部下落しています

もっとも、集成材に関しては、最高値で価格交渉が決着した
欧州産の引き板材「ラミナ」が足元で入港し始めた局面
ウッドショックの発端となった米国で木材価格が下がった後も
欧州内の需要は強く、欧州メーカーの多くは対日価格を下げていないようです
秋の建築需要期入りを前に「メーカーの価格転嫁分を受け入れるくらい需要は旺盛」
との見方が強く、国内価格はなお強含みで推移しそうです

もうすぐ、落ち着く事を願うしかありませんね~
土地の価格も人気エリアでは上昇がなかなか止まりませんので
皆さんの総予算がこれ以上上がらないように願うばかりです

ではでは・・・感染しない、させないの徹底を忘れず週末を愉しみましょうね!